JGC会員である私がJALCLUB-AカードからJALプラチナカードに切り替えるか悩んでいます

CLUB-Aカードからプラチナカードへ?JGC,SFC
CLUB-Aカードからプラチナカードへ?

JALグローバルクラブ(JGC)会員になり約8か月。現在はJALカードSuica CLUB-Aカードを所持していますが、プラチナカードにするべきか悩んでいます。そこで、自分の調べた特徴等を紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

JALカードSuicaを持った理由

もともとは鉄道(新幹線)のヘビーユーザーだったため

EX予約サービス(グリーンプログラムを含む)を受けることができる+JALマイルも貯まるクレジットカード

今こそ飛行機のヘビーユーザーになりましたが、かつては新幹線のヘビーユーザーでした。福岡へ行く際も東京もしくは新横浜から博多へ約5時間弱かけて移動をしていました。東海道、山陽新幹線と言えばJR東海、JR西日本が共同で『EX予約』サービスを提供しています。このEX予約ですが今こそ付帯できるクレジットカードも増えてきましたが、私がEX予約を申し込んだ当時(かなり前)はごく一部のクレジットカードのみしか付帯することができませんでした。その限られたクレジットカードの中にJALカードSuicaが含まれていたためマイルも貯めることができるというのがが今も持ち続ける理由です。
(鉄道も飛行機も両方に対応できるカードは珍しいかもしれません)

この記事にからむ年会費

現在支払っている年会費

JALカードSuica CLUB-Aカード

  • カード年会費…11,000円
  • ショッピングプレミアム…3,300円
  • ツアープレミアム…2,200円

セゾンゴールドアメックスカードと付帯のプライオリティパス

  • カード年会費…会社の厚生事業のため無料
  • プライオリティパス…年会費11,000円

以上から、合計27,500円になりました。

JALカードプラチナの年会費(JGC対応)

年会費はアメックス、JCBともに税込み34,100円になります。これにツアープレミアムの年会費2,200円を合わせて合計36,300円になります。プラチナカードにはプライオリティパス(プレステージ会員)が含まれています。

自分の場合、現状とプラチナカード所持で8,800円の差になります。8,800円分の差がカバーできるか以下のサービスを紹介したいと思います。

JALカードプラチナが気になる理由

JAL航空券を購入したときに貯まるマイルがすごい

ショッピングマイル・プレミアムが年会費に含まれる

現在CLUB-Aカードを所持していますが、100円当たり1マイル(JAL航空券の購入の場合は100円当たり2マイル)貯まるショッピングマイル・プレミアムサービスを1年あたり3,300円払っていますが、プラチナカードになるとこのサービスが含まれますので大きなメリットになります。

アドオンマイル別にもらえる

プラチナカードでJAL航空券を購入した場合100円当たり2マイルもらえるサービスが含まれているのでこれが大きなメリットになります。

結局JAL航空券購入で100円あたり4マイル貯まる

上記2点を合わせると、プラチナカードの場合JAL航空券の購入をすると100円当たり4マイルもらえるというすごいことになっています。私の勝手な考えですが1マイル当たり3.5円分の価値があると思うので4マイル分で14円。実質1割以上引きで航空券を購入できることになります。

プライオリティパス(最上のプレステージ)会員が含まれている

上記していますが、私はセゾンゴールドアメックス付帯のプライオリティパス(プレステージ)会員資格を年会費11,000円(年会費は変更になる場合あり:要問合せ)にて取得しています。このプライオリティパスがプラチナカードの場合含まれることになるのでこの点のメリットは大きいです。

アメックスブランドの場合は配偶者、家族のうち1名分も含まれる

アメックスブランドを選択した場合はプライオリティパスについて本人に加えて家族のうち1名分も会員になることができるため、実質2名分のプライオリティパス会員が含まれることになります。ゆえに、このサービスがあるだけで年会費はプラチナブランドの年会費は決して高くないと思います。

JCBブランドを選択すると京都駅の『JCBラウンジ京都』およびUSJ内のJCBラウンジの利用が可能

JCBブランドを選択した場合は『JCBラウンジ京都』、USJ内のJCBラウンジの利用が可能です。私の経験ですが京都を街ぶらした時ですが、夏はかなり暑くまた季節を問わず結構歩くので疲れます。USJに関しても『立って待つ、歩く』といったところのため疲れることは必至です。この時にラウンジが利用できるメリットは抜群に大きいです。

当然ながら万が一の保険が充実している

クレジットカードは年会費が高いほど一般的に万が一の保険が充実しているメリットがあります。当然プラチナカードも同様になっています。

国内・海外航空機遅延保険が付帯されている(JCB選択時)

死亡保険等の保険金額が大きいことも当然メリットになりますが、プラチナカードは飛行機の遅延に関する保険が付帯されている点が大きいと考えます。国内の場合は台風で飛行機が飛ばない場合がありますがこの場合に受けられるサービスになります。

プラチナ・コンシェルジュサービスを利用できる

自分の場合ですが、レストランの予約や航空券、JRの指定席券の予約などでうっかり忘れてしまって予約を取りそびれてしまうケースが多々あります。その際にコンシェルジュサービスを利用するメリットがあります(ただし、人気の予約は取れない場合もあり)。

他にたくさんのメリットあり

内容が盛りだくさんのため、特に紹介したいメリットを記載させていただきました。

海外でJAL便を利用する場合は利用価値が特に大きい

マイルが貯まる点やプライオリティパスで使えるラウンジは海外に多く存在すること、保険内容の充実等よりJAL便で海外の利用をする場合のJALプラチナカードのメリットはとても大きいものがあります。

差額8,800円分の価値は十分あり

自分個人の場合ですが、差額の8,800円分の価値は十分にあると考えます。加えて言えば、セゾンゴールドアメックスカードの年会費が会社の福利厚生のため無料ですが、これも通常だと年会費が11,000円かかります。そのため実質現在私が持っている組み合わせよりも、JALプラチナカードの方が低廉と言えるとも思います。そのためJGC修行を海外路線を中心に利用する場合は入ったほうがいいではなく『マストアイテム』と言っても過言ではないと思います。これから、JGC修行をする場合は検討してみてはいかがでしょうか(ちなみに私が修行を志したほぼ1年前ですがまったく気づきませんでした…今となっては少し後悔です)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました