シンガポールチャンギ国際空港についてわかったこと

クリスマスツリーと人工滝旅行
クリスマスツリーと人工滝

世界一と評価されているシンガポールチャンギ国際空港。そのチャンギ国際空港について分かったことを紹介します。

スポンサーリンク

チャンギ国際空港マップ

第1~第3ターミナルと第4ターミナルでわかれる

公式サイトのマップを掲載しましたが、第1ターミナルから第3ターミナルと第4ターミナルで分かれています。私は今回シンガポールへはJAL便を利用し、第1ターミナルに到着をしました。またマレーシアへ向けて出発する際はマレーシア航空を利用し第2ターミナルから出発しました。この他ANAも第2ターミナルから出発します。キャセイパシフィック航空などが第4ターミナルの利用になります。第1ターミナルから第3ターミナルまでは歩いて行くもしくはスカイトレインを利用して移動可能です。今回は第1~第3ターミナル内を歩き回りました。

空港内のさまざまな施設

第1、第2ターミナル

第3ターミナル

注目すべきは天井の高さ!!これだけで第3ターミナルの開放感を味わうことができます。個人的には3つのターミナルを歩きましたが第3ターミナルがお気に入りになりました。

バタフライガーデン

ここはさまざまな蝶を鑑賞できる庭になっています。あまり普段見る機会のない蝶ですのでいい機会と思って入ってみました。少し気温が高く蝶にとっての適温に設定されていました。興味のある方はぜひ。

映画館

画像は少しぶれていますが、映画を無料で鑑賞できます。私は朝少し覗いてみましたがそこまで利用客は多くなかったです。人の少ないところにいたい場合はこのエリアもいいと思います。

すべり台

すべり台。子どもだったら滑りたいと思わせてくれる。興味深いものでした。

無料インターネットスペース

ターミナル内に無料のインターネットができるパソコンも備え付けられています。

仮眠スペース

24時間運営の空港のため、このように仮眠スペースもあり仮眠をとることができます。シンガポール自体治安良好である点、出国(トランジット)エリアのためさらに立ち入りが制限されている点からして相当の注意を払えばゆっくり過ごせると思いました。

wifi設備

wifiもパスワードなどはなく必要な設定をするだけで使用可能です。

プール

プールですが、きれいな設備として整えられています。有料にはなりますが、待ち時間をプールで過ごすというのも快適で貴重な時間になると思います。また、プールだけでなくジムも併設されています。プールを利用する時は水着、ジムを利用する時はトレーニングウェアを持参しましょう。

ジュエル(JEWEL)について

チャンギ国際空港といえばジュエル!!そこから見える人工滝はやはりきれいでした。

ジュエルへは入国をしてから

ジュエルは商業施設やアトラクションなどが備わっている複合施設ですが、行くためには必ず入国をしなければいけませんので注意してください。ただ、トランジットで時間がない方でもトランジットエリア内のスカイトレイン(第2ターミナル-第3ターミナル間)を利用すると人工滝の間近部分まで見ることは可能です。

イベント中は間近まで見られない場合が

今回私は夜のジュエルを訪れました。その際、ジュエルでイベントが催されていました。このイベントでは人工滝の間近まで行く際には入場料が必要という事でした。そのため、シンガポール、ジュエルに訪れた際にこのようなイベントがあるかチェックをされておくといいと思います。

人工滝とクリスマスツリーが最高のマッチ

今回上記の理由で遠景から人工滝をみましたがそれでも十分幻想的で美しい景色を目の当たりにしました。このようなものが見られるのはやはり海外に行かなければ…と思える壮大さも感じて、とにかく素晴らしかったです。

最後に

シンガポールの人気のすごさの理由がこの空港1つとってもわかったような気がします。またシンガポールにはあの有名なマリーナベイサンズがあるなど本当に魅力的な街にありますし、日が近いのですがまた行きたいと思わせる気分にさせてくれました。ぜひともシンガポールに行かれたことのない方はぜひとも訪れてみてはいかがでしょうか?

旅行 空港
スポンサーリンク
『旅行力』向上委員会

コメント

タイトルとURLをコピーしました