JGC会員、サファイア会員として初めての空港、フライト

JGC,SFC

2019年1月を中心にJGC修行を行い、2月に晴れてサファイア会員になりました。そこで、サファイア会員としての初体験を満喫すべく、札幌でラーメンを食べに行くことにしました。そこでJGCサファイア会員(JMBサファイア会員)としての主なメリットを紹介します。

スポンサーリンク

JGC(JALグローバルクラブ)カウンターでチェックイン

高級感を感じるカウンター

JGCカウンターという名称ですがJGCメンバーでなくともJMBサファイア会員以上のステータス』、もしくは『JMBクリスタルのステータスメンバーでかつクラスJシートに搭乗する』場合にはこのカウンターを利用することができます。

羽田空港JGC(JALグローバルクラブ)専用チェックインカウンター
羽田空港JGC(JALグローバルクラブ)専用チェックインカウンター

JGCカウンターへはサファイアカードを提示してチェックイン手続きをします。

サファイアカード
サファイアカード

チェックイン時に、手荷物を到着空港で優先的に受け取ることができるJGCタグをつけてもらいました。このサービスを受けられるため、空港ではリュックだけと身軽に移動が可能になりました(空港内は寒くないのでコートも手荷物として預けてもらいました)。

JGC荷物優先タグ
JGCタグ

カウンターにて受け取った搭乗券にはSAPPHIREの文字。初めてだったのでうれしかったです。ちなみにクリスタル会員の搭乗券はこちら(ワンワールドルビー会員なのRUBYの文字が記載されています)。

サファイアステータス時の搭乗券
サファイアステータス時の搭乗券(クラスJへアップグレード)
クリスタルステータス時の搭乗券(ルビー記載)
クリスタルステータス時の搭乗券(ルビー記載)

JGCカウンターは混雑が少ない

新千歳空港の手荷物受付の様子です。多くの乗客が並んでいます。私もステータスがなかった時に手荷物受付の列に並びましたが受付まで30分程度かかりました。

新千歳空港手荷物受付カウンター
行列の手荷物受付

JGCカウンターは混雑が少ないため、長くとも10分かからないくらいで受付が完了しました。

新千歳空港JGCカウンター、保安検査場
新千歳空港JGC(JAL GLOBAL CLUB)カウンター(左部分)

JGC専用保安検査場の利用

保安検査場も高級感を演出

スモークで仕切られたドア、入口のじゅうたんが重厚感をかもしだします。

JGC専用保安検査場
羽田空港JGC専用保安検査場

JGC専用保安検査場も混雑が少ない

一般の保安検査場はよく並んでいる様子を見ます。特に週末は保安検査場が混雑していることが多いです。

新千歳空港保安検査場
行列の保安検査場

専用保安検査場は、利用客が少ないことは当然ですが、利用客が飛行機に乗り慣れているので検査場のトラブルが少なくスムーズに進むことがほとんどです。また、係員も丁寧な応対をします。

新千歳空港JGCカウンター、保安検査場
新千歳空港JGC専用保安検査場(右部分)

JGC(JMB)サファイア会員の大きなメリット…JALサクララウンジの利用

ラウンジその1…光る階段

保安検査場を抜けると楽しみにしていた『サクララウンジ』へ向かいます。今回は羽田空港国内線のサクララウンジの様子を画像を交えて紹介です。まず中へ入ると、

光る階段とエスカレーター
光る階段とエスカレーター

中へ入って最初に目に入るのが、光っている階段。宇宙をイメージしている感じが私には伝わってきました。ひとことですごいデザインだなあと思いました。ちなみにダイヤモンド、JGCプレミア会員、ファーストクラス利用者は専用保安検査場とラウンジ入り口が直結しています。また、階段を上るときにラウンジスタッフが乗客に通りかかるたびごとに会釈をされます。この階段をあがりラウンジ内に入ります。

ラウンジその2…シャワーを利用できる

羽田空港のサクララウンジはシャワールームが利用できることが特徴で早速利用します。

ラウンジ内シャワールーム
ラウンジ内シャワールーム

ラウンジその3…マッサージ機を利用できる

シャワー後はマッサージでリラックスしました(利用される場合は時間制限があるのでご注意を)。

マッサージチェア
マッサージチェア

他にもFAX利用サービス等のサービスがある

喫煙ルームやFAX送信などが利用可能です。そして、限られた乗客しか利用できないという大きなメリットを存分に味わうことができました。

優先搭乗の利用

国内線ではサファイア会員以上の乗客に対して優先搭乗を行っています。優先搭乗をすると機内の乗客が少なく、CAさんは普段以上に丁寧に接客をされます。また、早く座席につけるため、おちついて機内を過ごすことができます。

伊丹空港の優先搭乗案内板

手荷物の優先受取

一般客の場合で運が悪い時は荷物受取に30分以上かかる場合も

ステータスメンバーでなかった時に荷物を預けたことがありましたが、荷物受取まで30分以上かかったこともありました。この待ち時間はさすがにしんどいと思いました。普通、飛行機に乗る時の荷物は少なくないと思うので、荷物を預けて早く受け取ることができるメリットはすごく大きいと思いました。(ただ、今回の記事は私の体験談ですので乗客の預ける荷物の数によって受取時間が変わる場合があります)

サファイア、JGC会員の場合、約5分程度で荷物受取が可能

作業員が手荷物をターンテーブルに乗せる作業として10~15分程度が過ぎた後、荷物が乗客に向けて出てきますが、私の経験で平均して約5分程度で荷物を受け取ることができました。感想を一言で、『早い!』。これなら預けてしまった方が身動きとりやすくていいと思いました。ターンテーブルに荷物を乗せる作業時間(10~15分程度)は必ずかかるため、夜遅い到着便を除いて荷物を預けています。

最後に

サファイア会員の主なメリットを紹介しました。サファイア会員になると空港の待ち時間、フライトが一言で『楽しい』と思えました。修行は長い日数と大きな費用(自分の場合は約35万円ほどです)をかけてそれだけの価値があるかといわれると半永久に続くならばありかなあと思いました。サファイア会員(JGC会員)を目指されている方、これから考えて修行をしてみようと思う方は是非とも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました